飯豊まりえ白石いつみ

1998年1月5日生まれ、千葉県出身。2008年に「ニコ☆プチ」にてモデルデビュー。その後、「ニコラ」専属モデルを経て、現在「セブンティーン」専属モデルを務める。女優としても活動を始め、「MARS~ただ、君を愛してる~」(16・NTV)と同映画版(16)のヒロイン役で注目される。その他の出演作は、「花の冠」(12・EX)、「幽かな彼女」(13・CX)、「太陽の罠」(13・NHK)、「あすなろ三三七拍子」(14・CX)、「学校のカイダン」(15・NTV)、NHK連続テレビ小説「まれ」(15)、「無痛 ~診える眼~」(15・CX)、「アルジャーノンに花束を」(15・TBS)、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(15・CX)、「お迎えデス。」(16・NTV)、「好きな人がいること」(16・CX)、「嫌われる勇気」(17・CX)など。公開待機作に『きょうのキラ君』(17)がある。

コメント

先に原作を読んでから脚本を読みましたが、想像を超える“暗黒感”でした。クレイジーな人ばかりが出てくるし、それが一気にぶつかっていく面白さは女子ならではだなと思います。時期的にもこういう女子だけのドロドロした作品をやりたかったのと、『MARS~ただ、君を愛してる~』でご一緒した耶雲監督とまたお仕事ができることがとにかく嬉しくて。  ただいつみという役をいただいた時は、震えが止まりませんでした。自信をもって凛としている美しいいつみは、例えるなら薔薇のようなイメージ。私にないものばかりを持ってる子だったので…とりあえず撮影に入る3か月前からジムに通って、背筋を鍛えました(笑)。背筋をピンと伸ばすトレーニングから始めたんです。それでも内面は私とはすべてがかけ離れている女の子だってことは監督も分かっていて、「それじゃダメだ。役者なんだから演じればいいんだよ」っていう愛情からの厳しいお言葉もいただきました。自分に自信がない私には本当に難しい役で、思うように演じられず毎日葛藤していましたね。ただダークサイドの部分を演じる時は、意外に楽しかったです。最初は「こんな残酷なセリフ無理!」と思ったところも、女優さんならこういう役は一度はやりたいだろうなって思えるようになってからは、振り切って演じられました。ここまでの役を演じるのは最初で最後かも!?存分に驚いて楽しんでもらえれば嬉しいです。