平祐奈二谷美礼

1998年11月12日生まれ、兵庫県出身。オーディションで選ばれて、是枝裕和監督の『奇跡』(11)で女優デビュー。その後、『紙の月』(14)、初主演作『案山子とラケット~亜季と珠子の夏休み~』(15)、『ソロモンの偽証 前篇/後篇』(15)、『青鬼 ver.2.0』(15)、『青空エール』(16)などに出演。公開待機作も『キセキ ─あの日のソビト─』(17)、『きょうのキラ君』(17)、『サクラダリセット前篇/後篇』(17)、『ReLIFE』(17)、『忍びの国』(17)と話題作が続く。

コメント

初めて“イヤミス”という作品を読んだのがこの原作だったんですが、すごく好きになりました。怖いけど面白いし、どんどん続きが気になっちゃうし。ただこういう女の子の黒さみたいなのはあんまり分からなかったので、そういうドラマや映画を参考にして演じました。普段なら絶対できないことばかりだったので、思いっ切りやってスッキリしちゃおう!って思いましたね(笑)。美礼は最初の頃自分に自信がないし、わりと暗い子なんですが、だんだん明るくなっていきます。そこは自分とそれほど離れていなかったので、自分と似たところを探していくのも楽しかったですね。今回私が一番年下だったんですが、皆が本当に優しい方たちばかりで。もちろん演技面でも勉強になることだらけでした。